読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Javaプログラマ(銅) ぬるぽの刑

HR/HMプログレ好きでJavaプラグラマな人がいろいろ書くのと、日々の業務でぬるぽ地獄に遭ってゲンナリするブログ('A`)

小脳梗塞の記録:病院へ行く前のこと (1)



はじめに

時系列ごとに詳細に書いていきます。
随時更新するかもしれません。

1/22(金)AM

普通に出勤した。のだけれど、いつもよりなんとなく調子が悪くて今日は早く帰りたいという気持ちが大きかった。
11時前くらい、8月〜10月に苦労してなんとか納品したWEBサービスの運用管理者からの電話と、関係部署の上長がすっ飛んでくる。
事態を要約すると「突然サーバが再起動してしまったのだが、ぬるぽの作ったWEBサービスが立ち上がらない、担当のSEはマイカレンダー休暇でぬるぽ以外に関係者がいないので対応せよ」とのこと。

これ聞いた瞬間、ヒャーってなった。
こういう日に限ってトラブルに遭遇しやすいのは何度か経験していたのだけれど、よりによってあの案件、しかもサーバ関連ときたものだ。
しかもこのWEBサービス、自社サービスとして稼働して一週間立たないうちの重障害だった。
こりゃまずい。

この案件アプリ面でリードできていたのだが、サーバ関連は直接業務した経験は少なく、担当SEによる貢献が大きかった(責務が分かれていたので当然ではあるが)。
お休み中のところ申し訳ないけど担当SEにメールしてサポートしてもらうこととなった。

ひとまず保守端末まで急ぎ、状況を確認する。
5台のサーバ群のうち、いくつかのサーバのサービスが動いていない。
そしてなんか暑い(保守端末のコーナーがだいたい南西に位置しており、やたら日当たりが良い。こんなところに端末置くなよ…)。
そばではお偉いさんが稼働すぐにトラブったこのシステムについてなんか言ってる声が聞こえてくる。

で、サービスを立ち上げてみても接続できない。
小一時間経過、運用管理者も一緒に見てて、ファイアウォールじゃね?ってことでファイアウォールを切った。
ちょうど昼休み。
休んでいるどころじゃないだろうと思っていたけど、暑苦しく、なんだか頭が重いためお言葉に甘えて休むことにした。
席を立った瞬間、ひどいめまいがしてまっすぐ歩けなくなった。