Javaプログラマ(銅) ぬるぽの刑

HR/HMプログレ好きでJavaプラグラマな人がいろいろ書くのと、日々の業務でぬるぽ地獄に遭ってゲンナリするブログ('A`)

ノートPC動向

俺の初代ノートのLavie Lをもしかしたらバイト先の同僚さんに引き取られるかもしれない。
同僚さんの所持してるPCはWindows98で、オフライン使用だから外部攻撃の影響はないものの、DVDのコピーに何時間もかかるそうな。
そこでうちにあまってるPCがあるといったら「買うよ」ときたもんだ。
授業で聞いたけど減価償却は大体4〜5年ほどなのだそうな(商売や仕事に使ってたわけじゃないけど、まぁパソコンの値打ちの考え方の一つとして扱うよ)。
うちのLavie Lは多分2001年末製造で2002年購入だから使ってもう6年以上たつわけ。
つまり値打ちはほとんどないかな?
そんなLinux実験機扱いされてるうちのマシンが値段がついて引き取られるというのだからこれは儲け話ではないのか?
引き取られるからにはしっかり最後に調整・清掃して送り出してあげたいもんだ。