Javaプログラマ(銅) ぬるぽの刑

HR/HMプログレ好きでJavaプラグラマな人がいろいろ書くのと、日々の業務でぬるぽ地獄に遭ってゲンナリするブログ('A`)

小脳梗塞の記録:入院初日



はじめに

3/1より時短勤務をした後、来週から通常時間帯で本格復帰となりました。
入院したのが1/25夜だから、もう1ヶ月経ってんだなー。

1/25(月) 夕方 救急処置室

検査着に着替えてベッドに寝るとすぐさま心拍、脈拍計測用の器具と点滴用の管を複数の看護師が取り付け、個人情報についてその場で問答と相乗についてのヒアリングが行われた。
その後主治医の先生がみえて、症状の具体的な確認を行った。

 左足のすね部分に右足の踵をこすりつける動作(左も同様)。
 腕を伸ばした状態から左右の人差し指で鼻の頭を交互に触る動作。
 などなど。

これらは梗塞によるダメージがどの程度運動面に影響出ているかを見るものらしい。
僕の場合は小脳なのでこういった平衡感覚に関するテストをしたようだ。
先生「CTを見ると深刻に見えるが思ったほど症状は出ていないので、安静にしていればすぐ良くなりますよ」とのこと。

依然ふらつきやめまいがするが、その言葉を聞けて安心した。

そのベッドのまま、入院する病棟まで運ばれた。
しばらくして親が入院セットを持ってきてくれ、彼女も来てくれた。
見た目は健常で、先生に言われたことをそのまま伝えたら安心してくれた。
朝家を出てからずっと一人だったので、こちらも気持ちが落ち着いた。

その日は夕飯は無しで寝るだけだったのだが、どうも寝付きが良くない。
まだ天井が揺らめいているし、体の半分だけがベッドに沈んでいるような感覚に襲われるし、寝返りも今のところは危険というのでなるべく体を倒さないよう仰向け状態を維持しなければならなかった。

消灯時間は21時。
2時3時の就寝が常態化していたのと、病院で寝るのは初めてだったため、なかなか寝られない。
あんまりにも寝られないので上司にメールを送った。
キーボードはまだ位置がずれてうまく打てないながらも、一通数十分かけて計3通を送った。
脳梗塞で入院することになったことと、今仕掛中だった仕事がどのくらいあるかってことと、治して必ず復帰すること。


メールを送り終えて一息入れたところで怖くて泣いた。
安静にしていれば治るかもしないけど、悪化した場合は復帰どころじゃなくなるかもしれない。
明日の朝起きたら、今日よりもっと体が動かなくなるかもしれない。
そんなことばかり考えてしまう。

そのまま寝てしまったらしく、後のことはよく覚えていない。