Javaプログラマ(銅) ぬるぽの刑

HR/HMプログレ好きでJavaプラグラマな人がいろいろ書くのと、日々の業務でぬるぽ地獄に遭ってゲンナリするブログ('A`)

おつかれさま。

彼女にとって、一二を争う大事なセンター試験が終わった。

思うように点数の取れなかった彼女はひどく落ち込み号泣し「もうどうでもいい」と投げやりになった。

ここ2年彼女を支えてきたがこれほどまで落ち込んだ彼女を見たことがなく、また現役と浪人の違いから、うまく励ます一言も見つからない。俺は俺で自分にがっかりした。

最愛の彼女に何一つ励ます言葉が言えないのだから。

自分の人生一年を大学入学試験にかけて、それでも納得の行く結果を出すことができなかったという悔しさ、この思いは現役で進学した俺を含むその他大勢には理解できない(し、理解されないだろう)。

でも俺は彼女に一年無駄になったと思ってほしくないし、これですべて終わったと思ってほしくない。

この一年、大学通ってようが浪人してようが学ぶことがきっとあったと思うし、今後の自分の人生に影響してくるかもしれないと思う。

とにかく一年無駄になったと思わないでくれ、と伝えた。



文章がうまくまとまらん。この辺で終わり。なんだか色々申し訳ない。

※一部訂正